光が壁をなめる

エコハウス北棟の階段には南向きの窓があります。
東側の壁に直角に接しているので、壁に横から光があたり、「光が壁をなめる」かんじになります。
照明計画でよく使われる言葉ですが、「光が這う」とか「光が食い付く」と表現する人もいます。
何気ない状況ですが、光が這うと壁の質感がドラマチックに見えます。


接写してみました。
影がはっきり出ると、こんなにみえ方が変わります。
逆に平らに見せたいのに、光がでこぼこを「ひろって」しまうときもあります。

エコの分野では太陽はエネルギーとしてクローズアップされますが、物をみせる「光」としての役割もしっかり果たしています。







今日は快晴だったので太陽の「熱」が大活躍して、おひさまだけでとっても暖かく過ごすことができました。
左は午後1時頃の測定データです。
太陽に感謝!(Y)

この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode

ページの先頭へ移動する