おひさまの恵みに感謝です。
 飯田市は環境モデル都市として色々な取り組みをしています。防犯灯のLED化、バイオマス、ペレットストーブの利用、自転車の普及、太陽光発電の推進などなど  
飯田市と中部電力が共同で私の家から正面に見える天竜川治水対策事業土採り場に、来年2月運転開始を目指す「メガソーラーいいだ」建設現場で、昨日太陽光パネル設置工事が公開されました。工事は8月9日に着工して以降順調に進んでおり、先日4日からパネル設置工事が始まっていました。2月から運用開始になるようですが、毎日100数十枚が取り付けられる予定で進んで行くようです。我が家からの景観が日々変わって行きます。


飯田エコハウスの北棟南向きの屋根には、太陽光発電と太陽熱回収ハイブリット屋根一体型システムを設置されています。
新設される「メガソーラーいいだ」は最大出力1000kw、一般家庭に換算すると300世帯分に相当する。近くの変電所に送られて周辺の世帯に供給されるとの事です。
飯田エコハウスの太陽光発電は3.12Kwですが、使用料より売電料の方が多くなっています。今日も朝からおひさまが当り、一日中暖かい空気をいっぱい床下に取り入れ快適です。今も西日をしっかり受けて暖熱も床下に取り入れています。  おひさまに感謝です。  (SY)  

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode

ページの先頭へ移動する