ひさかた和紙のランプシェード

今日はひさかた和紙のランプシェード作りのエコカフェが行われました

講師の筒井さんから昔はたくさんあった染物屋さんの話や

和紙の話なども聞きながらのエコカフェとなりました

 

まずいくつかの見本を見ながら好みのデザインを選び

あとはまるで工作のように紙を切り抜いていきます

 

模様が思ったより細かくて参加者の皆さんは黙々と作業・・・

この色は柿渋で染めたものだそうで何年ももつほど丈夫になるのだとか

まさに伝統とエコのコラボですね!

 

がんばった参加者の皆さんの作品がこちら

中には色の変わるライトが入っているため

同じものなのですが不思議な雰囲気を醸し出していました

下の二枚の写真を比べて見てください

模様はこんな感じ

写真は撮りませんでしたが子供さんが好きなオリジナルのキャラクターを

作品にした若いお母さんもいて新鮮な感じがしました

 

今日のエコカフェに限らず、地元の伝統の技と触れ合う機会がもっと増えると

その中から伝統の技に興味を持つ方も現れるのではないかと感じたエコカフェでした

(N)

 

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode

ページの先頭へ移動する