難しいなー・・・
      
最近テレビのコマーシャルを見ていると、車や家電はもちろんのこと、
洗剤から果てはパチンコメーカーやパチンコ店までがECO ECOと訴えています。

当然、りんご並木のエコハウスでも、見学あるいは視察の皆さんに、
ECOについてしっかり説明させていただき、
私生活においても、出来るだけ自然エネルギー以外のエネルギー使用を
減らそうと考え生活をしているつもりなのですが、
師走を向かえ、ニュースやコマーシャルなどでも
(大半は以前の電球に比べ消費電力の少ないLEDを使っているのですが)
壮大な規模のイルミネーションが紹介されていることに矛盾を感じていました。

しかしここ数日、心が重くなることばかりが続き、落ち込んでいたのですが、
昨夜、しばらくの間、ボーっとイルミネーションの点滅を眺めているうちに、
なぜか、心の重荷が少し軽くなったような気がしました。
私のほかにも、中にはカメラを手にした何組ものカップルや子供連れの家族が
楽しそうにその周りに集っている姿を見て、
色々なそれなりの理由のある装飾なのでしょうが、
エネルギーの無駄なのではと思えるイルミネーションにも
設置側の思惑とは違った思いがけない効果があるのかも?

無駄すべてが悪ではなく、時には無駄と思われる中にも
人間が人間らしく生きてゆくためには必要なものもあるのかなー(SH)
ここからも見ることが出来ます。
      
               エコハウスから見える南アルプスの仙丈ケ岳

昨日は落雷、突風に雨、夏の台風以上の低気圧に翻弄されてしまいましたが、
今日は一転、久しぶりの快晴で空気も澄んで、エコハウスの二階からも
「南アルプスの女王」とも称される仙丈ケ岳がはっきりと見えました。
今朝は南北棟とも室温が15℃になっておらず、
ストーブを使うかどうか迷ったのですが、
天気が良かったので日射を取り入れながらしばらく様子を見ていると、
10時30分過ぎ、PCの画面を確認している最中に
棟温が30℃から60℃まで一気に上がり、ソーラーシステムが稼働し始めました。

        
            ソーラーが働き始めた瞬間のPCの画面

その後どんどん室温は上がり続け、
午後2時頃には20度を越え大変過ごしやすい一日になりました。
しっかり蓄熱が出来でしょうから、
明日の朝は今日より2℃程度は室温が高いだろーな・・・(SH)
この落ち葉どうするの?
 今日は久しぶりに朝から雨が降っており、何時に無く暖かい気がしました。エコハウスの室温も19度ありました。しかし気象の変化が大きく、一時的におひさまが照って来たかと思うと、急に曇りだし強い風が吹いてきて、りんごの落ち葉があっという間に隣の通りに飛んでいってしまったり、又陽が射したりし、一時的にはOMも働き熱の取り込みもあったりしましたが、今度は雷が鳴ったり、イナビカリがしたり、横殴りの雨が降ったりで、本当に大荒れの天気の一日でした。

エコハウスでは何度もブログで紹介していますが、毎日通りの掃除をしています。そしてイヌシデ、やまほうし、りんごの落ち葉を来年の植栽作りの有期肥料にと溜めて来ました。
堆肥にするの、それとも腐葉土にするの?って聞かれました。え?一緒じゃないの 
そのまま積んでおいて腐らせれば腐葉土だし、刈り草や稲わらなど肥料を加えて腐らせれば堆肥になろそうです。
出来ればりんご並木の片隅を借りて堆肥は土つくりに不可欠なので是非堆肥を作ってみたいです。(SY)
りんご並木にチューリップを咲かせよう!

12月(師走)に入りどこの家庭でも冬支度を始めます。 
                                                                エコハウスの前、りんご並木も先日最後のふじの収穫が終り、その周りを飾ってくれていた、マリーゴールド・アケラタム・サルビア三色の花も綺麗にかたずけられました。
7月頃から咲き始めた紫色のアケラタムから、黄色のマリーゴールド、赤色のサルビアと長い間多くの見学者の目を楽しませてくれました。

今日エコハウスにおいて、りんご並木に花を植える会の会長さんと役員の方がお見えになり、12月9日にりんごを守ってきた、飯田東中学校の生徒さんや、りんご並木周辺の企業、商店や一般の方たちの応援協力でチューリップを植えることになりました。今まで植えられていた花の跡に、5千個のチューリップの球根を植えます。9日は午後2時から植え込み作業開始です。多くの皆さんに参加して頂きたいですね。みんなでりんご並木を守って行きたいものです。  (SY)

がまんするエコから楽しむエコへ
 
 一昨日のブログでもふれた環境ビジネス起業セミナー。
起業とは無縁の自分にもとても興味深い内容でした。
 
 「不都合な真実」の翻訳者、枝廣淳子さんの講演
 2100年までの地球の温度上昇変化のシュミレーション 
炭素CO2に値段がつく時代
がまんするエコから楽しむエコへなど、印象的なお話でした。
そして、その後のパネルディスカッションでは、環境ビジネスにチャレンジしてきた方達のお話も聞くことができました。なごやかな雰囲気であっという間の半日でした。

楽しむエコといえば、この頃たくさん見かけるあったかグッズ・・・
見て歩くのも楽しいですが、暖かいです。(N)
換気扇で室温をキープします

 大変な暑い、暑い夏を体験し、あっという間に寒い季節を迎えてしまいました。暑い季節にはいつも外の暑い熱を部屋に入れない。部屋の涼しさを外に逃がさない、を強く感じながら過ごしてきました。今度は寒い季節を迎えました。

エコハウスには北棟の1・2階にトイレがあります。1階はバリアフリーの高齢者向きの広いスペースになっています。              

高断熱高気密の建物ですが、トイレのスイッチを入れる事により、換気扇が開くタイプになっています。夏の暑い熱気を取り入れない、冬は冷たい冷気を取り入れない。

スイッチを入れてトイレを使用するときだけ換気をする。


必要な時だけ開閉する これこそエコな換気扇ですね。

小さな心配りの換気扇ですが凄く大事なことを教えてくれていますね。   (SY)

光合成ライブ

 先日飯田市公民館にて行われた環境ビジネス起業セミナーでの
 信州生まれのシンガーソングライター 美咲さんのミニライブ
まずその曲に声に聴いている自分がとてもエネルギーを貰っている気がしました。
そして次の曲や声に、今度は癒されている気がしました。
歌が上手なのはもちろん、心から歌うその姿にとても感動しました。



その美咲さんが展開している光合成ライブとは、太陽光発電の電力でライブをするというもの。
最初は会場にパネルを持ち込んでのライブから始まったそうです。
今回のミニライブも 公民館の屋上のパネルで発電した電気でライブが行われ、結果、光合成ライブになりました。
環境に対する取り組みって、いろいろあるんですね。すごいなあ〜
セミナーの講演の様子についてはまた今度。(N)

自然について考えるPART1
                      

飯田市内から眺めることの出来る、冠雪した3000mを越える南アルプスです。
忙しくて山などのんびり見ることのできない地元の方や、
この季節に伊那谷へ来る機会のなかった県外の皆さんにも
是非見ていただきたい光景です。荘厳な感じさえして圧倒されます!
しかしこの麓で一昨年大規模な崩落が起きました。
そのため、この伊那谷の中心を流れる天竜川は白濁する日が多く、
農業をはじめ観光面でも大きな影響が出ています。

このエコハウスは大半が地元の木材で建てられています、
木を伐採することにより森林整備がされてゆくわけですから、
何かにつけ地元の木材を使うことが、
自然を残してゆくためにも大切なことなのではないでしょうか?
                    (SH)
来年が楽しみです。
    七尾市商工会議所の皆さん
今日は石川県七尾市の商工会議所の皆さんが視察に訪れてくれました。
エコハウスのことから始まり、市街地の再開発や活性化策、
それに関連してりんご並木の生い立ちなどについて、
飯田市役所の木下課長の説明を皆さん真剣に聞いておられました。
今朝の気温は3℃でしたが、昨日の蓄熱が効いていて室温は17度ほどあり、
北棟はペレットストーブを使わなくても充分暖かく過ごすことができました。
皆さんが到着された頃には、ソーラーシステムが稼働しはじめ、
室温も19度を越しており”今日は朝から暖房を入れていない”と説明すると、
皆さんずいぶんビックリされていました。
 
植え替えたしだれ紅葉玄関裏の坪庭ですが、おかめ笹の中に山茶花が2本、しだれもみじが2本植えられています。
しかし、もみじが2本とも上の方から枯れていたのですが、
今日造園業者の方が植え替えをしていってくれました。
多分来年の秋には綺麗な紅葉を見せてくれることでしょう。
楽しみです。(SH)  
林檎がなくなった!?

 今日は収穫祭!!生徒の皆さんお疲れ様!

長い間楽しませてくれたりんご達。とうとう最後の1個を残して収穫されました。
市街地にりんごの木があることは珍しく、観光客の方も名残惜しそうに、カメラに収めていました。
生徒の皆さんお疲れ様でした。ありがとう。

エコハウスにも遠方よりお客様がいらっしゃいました。足柄上郡町村議会の皆さんです。
今日ばかりはエコハウスをバックに撮影とはならず、それでも、わざわざ看板をはさんでいただき記念撮影となりました。ありがとうございました。
賑やかな楽しい一日でした。またまた、お日様ありがとうです。( M )


新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode

ページの先頭へ移動する