北風ぴゅ〜ですね。

 雲一つない、といってもいいくらいのきりっとした青空の一日でした。
夜もおかげで、寒さ厳しく北風ぴゅーぴゅーです
空がとても綺麗です。

どこの景色でしょう?

今夜はふたご座流星群のピークが過ぎてしまいましたが、探してみようかな

エコハウスのお向かいのイルミネーションがとてもステキです。バックの照明が消えるともっと綺麗かも・・・
明日は100万人のキャンドルナイトinエコハウスです。楽しみですね( M )

本日おひさま休み  パート
 自然のチカラを活用してより快適な室内環境を求めて出来たエコハウス。飯田の気候風土にあった温熱環境で暮らせる家。
4月オープン以来おひさまの恵みを感じながら今日までやってきました。やはり日照時間は大切ですが10月は天候不順で1番少なく、平均気温も15.8度でした。



今日は外気温2℃で昼になっても5℃とあまり上がりませんでした。  (写真は13時)        雲の中から時折顔を出すおひさまも、OMの棟の温度を上げるにはいたらず15℃どまりで、一度も温熱を取り入れる温度にはなりませんでした。今月半月を見ても、平均気温5.9℃、日照時間74時間と、チョト少な目に感じます。
でも今日もチャンと発電してます。

午前中から発電料が消費を上回り売電に少し回っていました。おひさまはお休みしているのに凄いですね。

温熱環境で暮らす生活は、自然(お日さま)と向かい合った生活をするから、そこに住む人もおおらかな、ゆったりした気持ちでないと駄目なんですね。実は朝からペレットストーブを焚いて一日過ごしました。エアコンやファンヒーターの様に設定温度に早くなるのと違い、ゆっくりと柔らかい感じの暖かさを感じながら過ごしました。自然と生きるにはそれにあった気持ちの持ち方も必要なのですね。(SY)

キャンドルナイト
冬至に近い18日の午後8時から一斉にライトダウンするという、100万人のキャンドルナイト
全国的なその運動にあわせて、りんご並木のエコハウスでも18日にキャンドルナイトの催しが行われます。
蜜ろうのキャンドルづくりや 環境のDVDや紙芝居、絵本の読み聞かせ、歌や演奏の時間もあるそうです。
 写真のかわいい4個のりんごは実は蜜ろうのキャンドル。
石油系のパラフィンではなく 働き蜂の作るはちみつからできています。
近くのお店で販売されているのはりんご形ですが、18日のキャンドルづくりでは、自分で他の形に作ることもできるそうです。

午後8時 短い時間でもライトを消して、キャンドルの優しい灯りでお茶するのもいいですね。(N)
腐葉土作り第一歩 !
 



今日午前2時35分飯田下伊那地方にはこの時期珍しく、大雨洪水注意報が発表されました。そして午前6時45分に解除となりました。本来なら雪になっても良い時期なのに、これも温暖化の影響でしょうか?出勤時もまだすっきりしない小雨混じりの少し暖かいりんご並木でした。まだ写真のようにりんごには葉っぱが少し付いていますが、並木通りの木々は皆落ちてしまっています。これまで貯めてきた落ち葉を、午後から少し太陽が顔を出してくれたので、先日りんご並木にチューリップを咲かせようの作業の時、準備しておいた穴に埋める事にしました。


来年春にエコハウス南棟の緑のカーテンとして植栽する時に少しでも肥料として使えれば最高です。時々近くなので肥料になるよう手を入れて行ければ良いですね。これもエコですね。  (SY) 

本日おひさまお休み



今日は朝から暗い一日でした。本日はおひさまはお休みです。
(写真は10時頃)
ところがこんなに暗いのにわずかながら発電していました。
けなげに頑張っていましたが昼からは雨になり発電停止。
買電の一日となりました。でもお湿りも必要ですからねー。



本日の外気はオープン時の4度から昼になっても6度までしか上がらず、今日は一日断熱障子を閉じたままペレットストーブのお世話になりました。
南棟は地熱と断熱の効果でストーブの使用なしでも12〜13度を維持しています。
北棟と南棟の比較ができることがこのエコハウスの面白いところです。(Y)

年賀状でもエコ・・・
 いよいよ今年も残り20日を切ってしまいました。
今年は環境が大きく変わったためか、1年が非常に短く感じられます。
(いやいやこれは歳のせいかもしれませんね
 

先日、ぼつぼつ年賀状の準備をと思い通常の年賀状を購入してきましたが、
その後、日本郵便のHPを見ていて、恥ずかしいことにカーボンオフセット
の年賀はがきが販売されている事をその時初めて知りました。
早速飯田支店に連絡をしてみると、70枚在庫があるという返事。
在庫の分すべてを確保していただき、早速交換してきました。
購入者が5円、郵便事業会社がそれと同等額を寄付することで、
一枚でおよそ2.4kgのにCO2が削減されるとうたってあります。
70枚しかなかったのでCO2にして約200kg、
灯油換算で約100ℓ弱の削減につながるそうですが、
本当ならうれしいなー
カーボンオフセット商品は他にも色々あるはずなので、
これからはよく注意してオフセットマークを探してみようと思います。
                           (SH)
もう半年近くになりました。
 このブログをはじめてもう半年近くになります。
毎日5人のメンバーが担当時に更新しているのですが、
各自の視点でそれぞれこのエコハウスの特徴をお伝えしてきました。
このブログをお気に入りに入れてご覧になっている皆さんならば、
たとえいままで見学する機会がなかったとしても、
この家の特徴を十分理解していただけていることと思います。
でももしまだならば、是非一度お出かけ下さいね                          

  
            Yさんの説明を真剣に聞いている建築士会の皆さん

今日は建築士会飯田支部の皆さんが、会議のあと見学にこられました。
皆さんプロの方なので、どのように説明をと思い悩んでいましたが、
コーディネーターのYさんがメンバーのお一人でしたので、
おんぶに抱っこ状態で、(70圓呂困い屬鷭鼎ったでしょうが
ほとんどYさんにお任せっきりの状態でした。
Yさんの説明を聞き、ずいぶん参考になりましたし、
プロの視点からの色々な質問などが、私自身すごく勉強になりました。
勉強不足ですもっと勉強をしなくては・・・・(SH)
断熱障子・・・?

まだ、明るいですが・・・
 
エコハウスの断熱障子。夏場だけでなく、冬も活躍しています。
まだ4時ですが、エコハウスには陽が射さなくなります。まだまだまわりは明るいのですが、室温20度をキープするために南棟の断熱障子を閉めました。これで暖気が少し保たれます。
5時の段階で2階室温は17度でした。外気温は9度です。
エコハウスでの生活は、昼間に限られますが、ちょっとした工夫や手をかけることによって、エコな生活の仕方のヒントが一杯です。
一般の家庭でしたら、たとえば、冬場は厚手のカーテンで床面まで覆うことによって、断熱効果があがりますよ。お試し下さいね。        ( M )



来年の春が待ち遠しい
 
今日は寒空の中、「りんご並木に花を植える会」が主催するチューリップの植え付け作業がありました。
一般市民約30人と中学生約100人が参加してりんご並木の周囲に5000個のチューリップの球根と300個のパンジーの苗が植えられました。球根の半分は今年の春に咲いた球根を掘り上げたものです。




当エコハウスのコーディネーターのSYさんもスタッフとして球根と苗の手配やら振り分け作業や陣頭指揮にと大活躍でした。
私もエコハウスの前だけお手伝いさせていただきましたので、来年の春がとても楽しみです。
(Y)












二酸化炭素税??

今までもブログに登場してきたペレットストーブ
燃やしているペレットの材料になるのが間伐材
ペレットの消費が増えると 間伐がすすみ森が守られてCO2削減につながる。
もしもCO2税なんてものができたら、灯油には加算されてもペレットには加算されないな。
なんてストーブの炎を見ながら考えました。
 
三和土の床、珪藻土の壁のすっきりした空間に ペレットストーブの赤い炎が見た目にも暖かさを感じさせてくれます。もちろん実際もとても暖かいですよ。(N)


新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode

ページの先頭へ移動する