北棟2階にて

今日は尾張西部連絡協議会の方々に、北棟2Fで飯田市及びエコハウスについて、説明を受けていただきました。

エコハウスには、市民の方々はもちろん、全国から見に来てくださる方々も多く、いろいろな方々にお会いできるのが楽しみです。
一期一会、気をひきしめてと思うのですが、数少ない会話の中でエコハウスの良さを伝えるのはなかなか難しいものです。
とりあえず入った時の室内の環境を整えることが大事かなと、ストーブを付け、室内の温度に気を配ってみました。( M )

おひさまの恵みに感謝です。
 飯田市は環境モデル都市として色々な取り組みをしています。防犯灯のLED化、バイオマス、ペレットストーブの利用、自転車の普及、太陽光発電の推進などなど  
飯田市と中部電力が共同で私の家から正面に見える天竜川治水対策事業土採り場に、来年2月運転開始を目指す「メガソーラーいいだ」建設現場で、昨日太陽光パネル設置工事が公開されました。工事は8月9日に着工して以降順調に進んでおり、先日4日からパネル設置工事が始まっていました。2月から運用開始になるようですが、毎日100数十枚が取り付けられる予定で進んで行くようです。我が家からの景観が日々変わって行きます。


飯田エコハウスの北棟南向きの屋根には、太陽光発電と太陽熱回収ハイブリット屋根一体型システムを設置されています。
新設される「メガソーラーいいだ」は最大出力1000kw、一般家庭に換算すると300世帯分に相当する。近くの変電所に送られて周辺の世帯に供給されるとの事です。
飯田エコハウスの太陽光発電は3.12Kwですが、使用料より売電料の方が多くなっています。今日も朝からおひさまが当り、一日中暖かい空気をいっぱい床下に取り入れ快適です。今も西日をしっかり受けて暖熱も床下に取り入れています。  おひさまに感謝です。  (SY)  

風をきって走ろう パート2
 自転車で出勤する!を目標に。
春から自転車にチャレンジしようと思っていたのですが・・・

チャレンジはしたんです。まずは近場のスーパーから。
しかし、うしろから来る車が、すご〜く離れて追い越して行くんですよね。
牛乳やキャベツがちょっと重くて、確かに少しユラユラしていたかもしれないけれど・・・
 結局 近い買い物は歩きです。エコで、しかも筋トレになるかなと思って・・

先日会った横浜在住の同級生が、「今度 白樺湖にサイクリングに行くの」と言っていました。
お天気のいい日の高原を、風をきって走れたら気持ちいいでしょうね。



いつかこのりんご並木を、走ってみたいな。電動アシストで。(N)
落ち葉の玄関 !!
 この所急激に気温が下がり、山々の木々の紅葉も青枯れや、落ち葉となるのが非常に早く感じます。今朝のりんご並木は風のせいか沢山の落ち葉でした。                                         何時も見かけない近所の方たちも、箒を持って落ち葉の掃除をしていました。                                                          まずはエコハウス前歩道の掃除からと、私も竹箒をもって掃除を始めました。ところが、掃いても掃いても次から次と、落ち葉が落ちてくるのです。そこに風が伴い、なかなか大変な朝でした。

イヌシデの木もずいぶん先の方から枯れ落ちて来ました。
落ち葉を集めて焼きいもをしたり、焚き火をする季節です。木の葉を焼く臭いと煙が思い出されます。   


ところで、今日から秋の全国火災予防運動が15日まで行われます。10年程前は焚き火による火災がこの地域では一番多く発生していました。春先の野焼きと、冬を前にしての焚き火火災は本当に多く発生していました。119番通報の数字に合わせ、今日から『「消したかな」あなたを守る合言葉』の標語で火災予防です。 エコハウスは落ち葉を貯めて腐葉土をつくり、火を使わないIH調理器とで火の用心です。 (SY)
エコハウスの洗面所
エコハウスにおける 私のお気に入りに洗面所があります。
 洗面所の床下も蓄熱されているので、コルクタイルのやわらかな床はやんわり暖かく、
空気口からの暖気で、その上のタオル掛けのタオルも乾きやすくなっています。
(鏡にうつっているハシゴみたいなのがタオル掛けです。わかりますか?)
  
 流しの前の鏡はスライドでき、鏡の後ろが棚になっていて、歯ブラシなどすっきり収納できます。
蛍光灯のあかりは鏡をスライドするともっと明るくなります。
 「鏡を横にスライドさせて使えば、流しを他の家族が使っていても、横でゆっくりドライヤーが使えるわ。」と言う若い女性がいました。
 「流しの下があいているので、車椅子のおばあちゃんの洗髪がここでしてあげられるわ。」と言う熟年女性がいました。 
 見学の方との話がはずむ場所です。


写真がうまくとれなくて、様子があまり伝わらないかな?見に来てくださいね。(N)
いただきました・・
 

いつもの時間に更新できず遅くなってしまいました。ごめんなさい・・・・

今日は橋南地区が主催するりんご並木天国が行われ、
太鼓やバンドの生演奏などもあり多くの皆さんで並木通りは大賑わいでした。
エコハウスも3日から始まったクラフト展の最終日で大勢の方が訪れていました。
イデア朝大学の2講座も開かれ、今回は最終回ということもあって両講座とも
予定時間をはるかに越えて熱い講義が行われました。
”南信州ゆうき人”の講座では、エコハウスで栽培している間引きされた二十日大根と
先生が作った野菜との食べ比べも行われました。
狭いプランターの中で一生懸命育った大根は、同時期に植えられた先生の大根に
比べるとずいぶん小さいのですが、それなりに十分甘さもあり
大変美味しくいただきました。
これからの成長が楽しみです。(SH)
私は大好きです!
          
                   向かって左がエコハウスです

見学の皆さんの目には殆ど留まったことのないエコハウスの裏の顔です。
隣家との狭い間からしか目にすることの出来ない風景ですが、私は大好きです。
普段は散水の折程度しか裏に回ることは無いのですが、
南棟の屋根の下のテーパーの付いた垂木、南北棟の押縁がきれいな杉板の壁、
北棟2階部分の土壁などがいくら見ていても飽きない景色を作り出しています。
機会があったら是非本町の側から覗いてみてください。
きっとその素敵な立ち姿に正面と違った美しさを感じてもらえると思います。

外観、機能とも優れたエコハウスですが、今日も本領発揮!
今朝は前日からの蓄熱の効果で室温は17度以上でした。
10時頃からはソーラーシステムが明日以降のためフル稼働してくれています。(SH)
光が壁をなめる

エコハウス北棟の階段には南向きの窓があります。
東側の壁に直角に接しているので、壁に横から光があたり、「光が壁をなめる」かんじになります。
照明計画でよく使われる言葉ですが、「光が這う」とか「光が食い付く」と表現する人もいます。
何気ない状況ですが、光が這うと壁の質感がドラマチックに見えます。


接写してみました。
影がはっきり出ると、こんなにみえ方が変わります。
逆に平らに見せたいのに、光がでこぼこを「ひろって」しまうときもあります。

エコの分野では太陽はエネルギーとしてクローズアップされますが、物をみせる「光」としての役割もしっかり果たしています。







今日は快晴だったので太陽の「熱」が大活躍して、おひさまだけでとっても暖かく過ごすことができました。
左は午後1時頃の測定データです。
太陽に感謝!(Y)

エコハウス  ギャラリー開店!
 昨日は年に一度のビッグイベント 第4回飯田丘のまちフェスティバルが絶好の秋晴れの中,
大勢の参加を頂き今までにない賑わいを見ました。エコハウスの前も多くのブースが出て昨日の(N)さん紹介どおりです。静けさの戻ったエコハウスでは昨日に引き続き『木と土から生まれたクラフト展』が開催されています。


エコハウスの南棟は土間の部屋で、壁は珪藻土になっており、とても素敵な空間です。

素敵な空間にエコハウスで使用している『木』を題材とした、テーブルや椅子を作っている地元の工房家の作品と『土』を題材に食器、器が展示されています。

『土間と珪藻土の壁』に浮かび上がる淡い照明。一段と落ち着く木と土のアート。素敵な作品を見ながらエコハウスの見学も紹介頂き、とても素敵な一日でした。
今朝は外気温が3度とビックリしましたが、室内は17度と前日からの蓄熱が働いてくれています。今日も一日中取り入れがされて、暖かい空気がいっぱい床下に取り込まれました。明日の朝の室内温度が楽しみですね。   (SY)

丘のまちフェスティバル

 いいお天気に恵まれさわやかな祝日
丘のまちフェスティバルで、エコハウス周辺にはたくさんの人があふれていました。
 
 夏に毎年行われる人形劇フェスタのマスコットキャラクター ぽお も エコハウスの前で子供たちに囲まれていました。
 
 残念ながら走る姿は見られませんでしたが、飯田市が導入する電気自動車も注目を集め、
 南信州のグルメのブースには行列ができて、牛肉の串焼きなどおいしそうに頬張る姿があちこちに見られました。

 
 エコハウスの中も外もたくさんの人達でにぎわった一日でした。



エコハウスではふだんの見学の他に、
今日からギャラリーで「木と土からうまれたクラフト展」が始まり、
南棟の三和土と珪藻土の壁の空間がさらにとてもすてきな雰囲気になっています。
7日まで開かれています。ぜひお立ち寄り下さい。(N)


新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode

ページの先頭へ移動する