夏よさようなら・・・・
今朝9時過ぎからの雷雨にはいささか驚かされました。物凄い風と雨で向かいの建物が霞んで見え、エコハウスの玄関上の雨樋からも、写真で分かるほど、雨が滝のように溢れだしていました。今まで台風でもこれだけの雨と風はあまり記憶にありません。その後一気に気温が下がり、昨日までの暑さとは打って変わって長袖なのに肌寒く感じるほどです。今年の夏の厳しい暑さが恋しくさえ思えてきます。




 
午後からは南棟2階で
南信州酒メッセ2010日本酒セミナーが開かれました。
講師は長生社専務取締役北原岳志氏
(信濃鶴の製造元)。
30人を越える皆さんが、熱心に受講されていました。受講したわけではないのですが、聞こえてきた話の中で、現在長生社では、製造過程のはっきり確認できない醸造用アルコールは一切使わず、生産量が減ることを覚悟で、地元飯島産の美山錦だけを使い、南アルプスからの水とで純米酒のみを造っているそうです。フードマイレージの観点からみても、エコな酒蔵だと思いました。
私も食生活でもっともっとエコを考えなくてはと強く感じました。   (SH)
秋を迎えるりんご並木
 明日は秋分の日 天気予報でも秋の気候になって来るようで、暑い暑い夏が終わりそうです。
飯田りんご並木も今朝から飯田市人材センターの職員が、立ち木の剪定から、周囲の草刈作業をしてくれました。本町1・2町目交差点も見違える程綺麗になりました。

清掃作業の途中に赤くなったりんごが落ちていました。やはり秋はそこまで来ているのかな。 (SY)  



吹き抜けの窓

朝、曇っていたので格子を開けていたら日が出てきました。
また格子を閉めるのも面倒なので障子を閉めて日射コントロール。
断熱障子ということもあり、障子を閉めると室内が少し暗く感じます。
そこで…吹き抜けの2階部分だけ障子を開けました。
手前の明るい部分が吹き抜け上部からの光です。
高いところの窓は部屋の奥へ光を届けてくれます。
                (Y)

太陽光発電もここまで!



ここエコハウスでは太陽光発電が威力を発揮してくれているのですが、
先日、報道番組で太陽光発電だけで飛行する飛行機
「ソーラーインパルス」の昼夜を通した飛行を放送していました。
スイスの冒険家が発案開発してしているのですが、
昼間主翼に受けた太陽の光で飛行し、その間に蓄電した電気で夜間飛行。
高度も5000mを超える氷点下の中を26時間飛行したわけですが、
低温では性能の落ちるリチウム電池の能力も驚異的ですし、
開発費の115億円以上が、銀行をはじめ多くの企業や個人からの
寄付であったことにも大いに驚きとともに感動しました。
欧州人と日本人とのエコに対する考え方の違いなのでしょうか?

私も大した事は出来ませんが、このエコハウスを発信拠点とし、
飯田市のCO2削減目標を達成できるよう、
皆さんにいろいろ情報発信してゆきたいと思っています。(SH)

秋になりました・・・
 
今朝、街角ミニ広場の掃除をしていたら、
石のベンチの上に山法師の実が落ちていました。
7月には最後の花をつけていたのに、まだ一部ですが赤く色付いてきています。
以前Mさんもいつ頃色をつけてくるのかと気にかけていましたが、
この涼しさで、いよいよその時期が来たようです。

今日は1週間ぶりの出勤でしたが、あまりの陽気の変わりようにビックリです。
毎日、コーディネーターで4ヶ所の気温と湿度を測定しているのですが、
先週からの1週間で外気温も室温も大きく変わりました。
それと気温と湿度だけでは理解できない涼しさを感じます。
まさに待ちに待った秋到来です。                 (SH)
小さな秋のお客様


朝 自転車置き場の掃除をしていた時、
クモの巣はないかと顔をあげた瞬間 目の前に大きな虫
ギャッという声に反応したのか??? ピョンと跳ぶ
触角の長〜いその姿は クモではなく、秋の虫 こおろぎ 

エコハウスの中で ♪♪ リンリン ♪♪ 聞こえるのもいいなあ〜
と思ったけど、りんごの木の近くに逃がしてあげました。



玄関ではありません。この中が、自転車置き場です。
建物の左端にありそのまま建物に入ることもできます。

いつか自転車で出勤して ここに入れてみたいのですが・・・(N)

シナノスイート



りんご並木には様々な種類のりんごが植えられていますが、
エコハウスのLDKの正面にあるのが以前にもご紹介したシナノスイートです。
日当たりの良いところから赤く色づいてきました。
「シナノスイート」は「ふじ」と「つがる」を両親に平成5年に生まれた品種だそうです。
収穫期は10月、「ふじ」よりも少しはやく市場にでます。
あともう少しですね。 ( Y )

雨!涼しいと作業がはかどりますね。
 イデア朝大学 ネイルレッスン 2回目がありました。

 チップの製作を見せていただきましたが、かなり細かい仕事で、なかなか根気が要りそうです。
チップは自分の爪にあわせてつくる付け爪ですが、キラキラをつけたり、絵のようにデザインしたり楽しそうでした。
自分の爪に直接塗ったりするのは、難しいですがチップに塗るのはちょっとはできるかも・・・
いつか、試してみたいです。

 発電 0 !!



今日は朝から雨模様。
肌寒い一日となりました。
こんなに急に寒くなってしまうと、あの汗だくの日々が懐かしく・・・

発電も 0 !

ちょっと寂しくなりました。( M )





歓迎します  エコハウス視察
  天気予報どおり午後から雨が降って来ました。でも一時的でしたが、エコハウス前のりんごや花にはずいぶん喜ばれている感じです。本当に降水量が少ない今年の夏でしたからね。
環境モデル都市としてこのエコハウスも全国20ヶ所の一つとして地元の方はもちろんですが、地方からの視察、見学者も多くお見えになります。


 今日は岩手県環境生活部の企画室の方(温暖化・エネルギー対策)3名が飯田市役所において環境モデル都市・太陽光発電・ISOへの取り組みについて視察され、最後にエコハウスの視察をしてくれました。既に3000人を超す見学者がいること、又自然エネルギー活用のアイデアが多々有る建物に興味を持って行かれました。 今後も涼しくなったエコハウス、冬を迎えるエコハウス、四季をとおして是非見に来て下さい。  (SY)

地中熱利用ってなあに?
            今日は勉強会でした。

大変涼しい朝の出勤で、エコハウスの室内温度が25℃以下になっていました。しばらくぶりに涼しい感じのスタートでした。そんな中で北棟の2階では名古屋から見えた講師の先生のもと、勉強会が開かれ同席する時間があり、受講に参加しました。  飯田エコハウスでも、「自然の涼しさ」を得る為に土間を利用しています。今日のテーマは、『地中エネルギーを利用して』地中熱を利用してヒートポンプにより地下の一年中変わらない地温を活用した住宅の紹介がありました。エコハウス南棟はまさに土間により、一年をとおし変わらない16度前後の自然そのものです。


夏は東側の暖かい日差しはグリーンのカーテンと二重の障子で外気を遮断し、西側の涼しい空気を取入れながら、土間の涼しさを保っています。冬は室内の暖かい空気を天井から採取し土間に返し、土の温度を下げないようにしています。

その他にもバイオマスエネルギーを取入れて、地球温暖化を引き起こさず、温室効果ガスCO2排出削減に大きく貢献する町つくりにとりくむ町や、間伐材を利用してのペレットについての勉強をしました。
(SY)



新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode

ページの先頭へ移動する