お日さまありがとう。
       
                   今朝自宅から見た南アルプスと雲一つない空

今朝6時に恒例の朝の運動に出かけたのですが気温は氷点下5℃。
真冬に戻ったような気温でしたが、見渡すかぎり雲一つない快晴でした。
その様子を見て、今日のエコハウスのソラーシステムと発電が楽しみでした。
結果は思っていた通り、
発電は朝から夕方まで絶好調。
ソーラーシステムも10時半から稼動し始め、
一時は棟温が80℃を越え、ダクトのファンもブンブン回りました。

今日の午後4時までの発電量は14.4kW・h。
まだ陽が当たっているので多分15kW・h
にはなりそうな様子です。
そうなると半年振りに15kW・hを
越えることになります。(SH)
プチバス「プッチー」・・・
  
今日から一週間、電気小型バス「プッチー」が運行されます。
飯田美博−アストロボール前−川本喜八郎人形美術館−エコハウス前
の1周1.9kmを時速15kmで約20分かけ1日22便の周回をはじめました。
ブラティスラヴァ世界絵本原画展が飯田美博と川本喜八郎人形美術館で
3月12日から4月17日まで開催されているのですが、
その観覧券(2館共通700円)が乗車券になります。
赤い車体の屋根には緑の葉っぱのモチーフが取り付けられ、
この並木通りのためにしつらえたのかと思うほどピッタリです。
(実はレンタルだそうです)
プチバス「プッチー」の乗って原画展のハシゴも良いのでは・・・(SH)


台所用品

 エコハウスのキッチンに新しい台所用品がいくつも仲間入りしました。
女性コーディネーター3人であれこれ検討しながら選んできました。
少ない数で使いまわしの利くもの、使いやすくて、見た目も良くて、丈夫で長持ち、しかも納得価格。考えただけでも大変でしょ

悩んだ物の中にまな板がありました。木製か石油系か?
「保健所的には、公共の建物での木のまな板の使用は だめかもしれないな」
というお店のおじさんの言葉もあって、ポリエチレン製を選択しました。
まな板は木製が良いという意見ももっともですが、ご理解くださいね。

新しいお鍋やお玉。自分の家じゃなくても嬉しくなって、つい眺めてしまいます。
被災されている方々も、復興が進んで、生活が整ってくれば、元気な気持ちになれるでしょうか。
時間はかかりそうですが、少しでも早く復興できますように願います。(N)

春なのに

 今日はおかしな天気でしたね
お天気雨は知ってますが、こういうのは、お天気雪とでもいうのでしょうか?
南棟二階の壁を撮ってみました。わかりますか?
  
薄雲のなかでお日さまが明るく、日差しもときどき射すお天気なのですが、なぜか雪が舞ってきました。春はまだまだ侮れませんね。
ペレットストーブの火がとても暖かく感じました
エコハウスのお向かいのお店には、高校生らしい団体が入っていったりと、
卒業シーズンを感じる季節です。
どうか風邪などひかないようお気をつけくださいね。
新しいスタートラインがまってます
( M )...

電動アシスト自転車体験会

 今日はお天気も良く、りんご並木もいつもより人通りが多い1日でした。
エコハウスではエコカフェ第8弾として、「電動アシスト自転車体験会」を行ないました。
飯田市役所 地球温暖化対策課の方々にお手伝いいただき、飯田市のレンタサイクルを利用して行ないました。玄関前に並んだ、4台の電動アシストや、クロスバイクやロードバイクを、道行く方々にも見たり乗ったり体験していただきました。
学校帰りの女子高校生は電動アシストがとても楽で乗りやすいと、笑顔で話してくれました。
坂道の多い飯田の街には最適です。
クロスバイクを体験した男子高校生は軽くてスムーズで乗りやすいと、格好いい自転車に魅了されていました。
飯田市では どれも登録さえすれば無料で借りることができます。
 
被災地ではまだガソリン不足が問題になっています。
将来のためにも 少しでも車の使用が減らせたら良いですね。

今日は龍江児童クラブのみなさんもエコハウスに見学に来てくれました。
真剣に説明を聞いてくれました。  (N)

被災地支援募金はじめました
  一雨毎に暖かくなり  お彼岸が過ぎ小中学校も卒業式を済ませ、本来なら一番楽しい、希望に満ちたこの季節ですが、今年はあの大地震・予想をはるかに超えた大津波、あってはならない原子力発電所の爆発事故、全てを失くした多くの災害にあわれ被災された皆さんに心からお見舞い申し上げます。



 家族の絆を〈までい〉に 人と地域のつながりを〈までい〉に 人づくりを〈までい〉に 「食」と「濃」を〈までい〉に そしてからだと大地を〈までい〉の 【までいライフ】を掲げ人と自然、人と物、そして人と人とのつながりを大切にしている環境モデルハウス 福島県相馬郡飯舘村『までいな家』の皆さん
災害義援金箱を設置し、いいだエコハウスも応援します。   (SY)

凄いぞエコハウス!!!
       
今日は春分の日で祝日 彼岸の中日でもありました。
昔は祝日に玄関に国旗を掲揚する家もそこそこ見かけたのですが、
最近はトンとお目にかかることがありませんでしたが、
今日、エコハウス横の知久町商店街では、
アーケードに国旗と桜の造花が飾られていて、懐かしささえ覚えました。
商店街のビルの脇の梅も蕾も大きく膨らみ、花も咲き始めており、
いよいよ春本番が間近なことを実感させてくれます。

暑さ寒さも彼岸までと昔から言われていますが、
今朝は雨が降っていたにもかかわらず、外気温は7℃
北棟の室温は17.5℃もありました。
暖房を点けることもなく、一日室温の変化を観察してみたのですが、
雨が上がった後も厚い雲に覆われ、太陽が顔を覗かせることがなく、
外気温は10度前後で推移していたにもかかわらず、
高い断熱性と気密性プラス蓄熱性能のおかげなのでしょう。
室温は夕方までほとんど変わることがなく、
一度も暖房を入れずに快適に過ごすことができました。
凄いぞエコハウス!!!!!

昨日、東北関東大震災の被災地で、二人の方が救助されました。
本人達の頑張りがあったからこそですが、
警察や消防、自衛隊の皆さんの懸命な活動もあったからでしょう。
これからも、一人でも多くの方が生還出来ますよう祈るばかりです。
                        (SH)
残念でなりません・・・
    
               今日は発電が消費に追いつきませんでした

今日今回の地震による死者、行方不明者が二万人を越えてしまいました。
悔しくて残念でなりません。

今回被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

昨年、このエコハウスを含め全国20ヶ所に、それぞれの地方にマッチした
21世紀環境共生型住宅が環境省の指導と補助のもとに建設され、
その全てがエコハウスを通し、地域の方々にエネルギーの消費を抑え、
且つ快適に暮らすにはどうしたら良いかを考えていただくよう運営されています。
その一つが、今回の地震で大きく破損した福島第一原発から30キロ以内の
自宅退避区域にある、福島県相馬郡飯舘村の「までいな家」です。

地震の一週間前には、ニホンミツバチの巣作りワークショップも開き、
蜜原となる、花や木が豊富になるよう環境作りにも取り組んでいたのに・・・
栃木県鹿沼市にはすでに2000人の村民が避難をしたと報じられましたが、
「までいな家」も避難所として、現在10名の方を受け入れている様子です。
一日も早く原発の事故が終焉し、皆さんが地元に帰られるよう祈るばかりです。

今日はあまり天気が良くなく、太陽光発電も消費に追いつきそうにありません。
比較的安全でCO2の排出が少ないと言われた原子力発電ですが、
太陽光を含め、発電システムそのものを考え直す良い機会なのかもしれません。
                             (SH)
J-ALERT(全国瞬時警報システム)が入ります
  南信州広域連合では、東北地方太平洋沖地震と、福島第1原子力発電所事故に伴う、福島県南相馬市の被災者107人の受け入れを決定し、22人の派遣隊を送り、17日の早朝に南相馬市のお隣、川俣町の『道の駅』に到着し、107人の方を乗せて、昨日飯田に戻って来ました。 南相馬市の市長さんは何度も飯田市にはお見えになっており、職員の方も飯田エコハウスにお見えになっています。6月に5人の方が熱心にお話を聞いて頂いた事が心に残っています。
今日は北棟の2階を使って飯田ケーブルテレビのイベント(6回目)が行なわれています。

 エコハウス2階には地元の飯田市データ放送結チャンネルが入っていて、飯田市からのお知らせや緊急情報も瞬時に聞くことが出来ます。
 音声告知サービス[専用音声告知端末機器]の設置により、11日の東北地方太平洋沖地震の時も
【緊急地震速報】 「あと〇〇秒で、地震の揺れが来ます。… …」 の放送が流れ、その後も設定震度以上に該当したので、情報が頻繁に入って来ました。
今日は3度の火災が発生しておりますが
、【防災無線】 で「火災発生 火災発生 〇〇 … 」と放送が流れてきました。そのほかにも【ほっとらいんIIDA】 を聞くことが出来ます。やはり何時何処で何が起こるか分かりません。いち早い、確かな情報を得るためにも、必ず来るだろう、《東海地震・東南海地震》に対しては大切な情報源です。
 りんご並木の飯田エコハウスは、環境モデルハウスですが、防災面でも確実な情報収集が得られるモデルハウスです。 (SY)

咲きました


3日前のブログでは蕾だったチューリップが咲きました。
とても綺麗なオレンジ色をしています。
ちょっと左に傾いて見えますが…


実は手前に向かって絶妙のバランスで立っています。どうやら、もともと球根が傾いていたところへ 成長するにつれて自身の蕾の重さで傾いてしまったようです。

不利な条件にもかかわらず頭をすっと上にあげ、両手を広げるように葉を広げてバランスをとっています。

植物の生命力にはいつも励まされます。
そういえば信じられないような場所から生えている様々な「ど根性〇〇」が一時話題になりましたね。

東北にも春の訪れとともに様々な花が咲いて人々を励ましてくれることと思います。

春よ来い! (Y)


 


新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode

ページの先頭へ移動する